2013.07.24     カテゴリ:  訓練 

   ベーハーと☆オビディエンス

今日のレッスンは涼しいかと思ったら
途中から蒸し暑くなって、滝汗を流しながらのトレーニングだった
7/24-2
ココアはベーハー入門編
左回転を中心に、CDより長い距離を歩いたり
先生と先生の間をスムーズに歩く練習や自転車とのすれ違いなどを練習
距離が長い分、CD程の緊張感を持続できるかが心配
7/24-1
ルンバはオビを体験
先生の指示で左右に曲がったり右向け右やその反対、
ゆっくり歩いたり常歩や速歩になったり、かなり忙しい
ルンバはちょっと興奮気味になった
一列に並んで、順番に伏せやスワレをするのは、難航
人の声で伏せてしまったりする
お母さんの口は動いてないよ、と分からせるのが大変
最後は4つのコーンの中に前進で入れてすぐに伏せさせるのをやった
ルンバ、見事にやってのけた
オビディエンス、CDよりかなり難しいぞ(CDもアップアップなのに)
今年はオビに出ることを最終目標にしよう
その前にCDXとBHの試験ね
7/24-3
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
BHに挑戦するんですねもしかしてモコと組むかな~と思ったけど、今度の本部大会ももしかしてヒートとぶつかりそうなの。
ヒート中だと集中力に欠けるんだよね。

ココア、ルンバはまだまだ目標が沢山あっていいな~
とっても羨ましいです。
モコがチャレンジ出来ないその分、頑張って欲しいです。

4本のコーン、あれ凄いよね憧れちゃう。
ルンバ凄いぞ~。

今年は、11月の本部と12月の大凧がありますよ。
4本のコーンというのは、もしかしてこちらでいうSend Awayのことかな。
ともかくまっすぐ走らせて、指示された場所でダウン(伏せ)させるんだけど、最近の主流は一番先のバックマーカーでダウンさせるのがほとんどかな。(流行があるらしくて)
こちらでもBクラス以上でこれがありますよー。
オビディエンスとCDなんていろんな種類があるんですね。
おたがいがんばりましょう♪
MOCOママさんへ♪
モコちゃんと一緒にBHなら、とっても楽しそうなんだけどなー。
ココアもルンバも一発では受からないような気がするけどね。
ヒートは無くても、集中という言葉がココアルンバにはないから(笑
先生はゆっくりでいいって言うけど、取れるものは早く取りたいって思ってしまう。
CDXの方が気合必要かもね。ルンバは。
秋、また楽しみましょうね~~~
> BHに挑戦するんですねもしかしてモコと組むかな~と思ったけど、今度の本部大会ももしかしてヒートとぶつかりそうなの。
> ヒート中だと集中力に欠けるんだよね。
>
> ココア、ルンバはまだまだ目標が沢山あっていいな~
> とっても羨ましいです。
> モコがチャレンジ出来ないその分、頑張って欲しいです。
>
> 4本のコーン、あれ凄いよね憧れちゃう。
> ルンバ凄いぞ~。
>
> 今年は、11月の本部と12月の大凧がありますよ。
みやびさんへ♪
へぇ~、流行とかあるんですね。
JKCでは、多分、オビ1~3で科目がきっちりと決まってると思います。
そう、4本のコーンはその通りです。
四隅のコーンの真ん中で伏せること。
オビ3になると、最初まっすぐ走らせ、マテをかけて横に移動させてコーンに入れるのかな。
まことに難しい。
世界大会があるので、こんなのに出れたら本望ですね。
でもプロの訓練士さんと土俵が一緒なので高度だけど。
イギリスの情報、先生と楽しみにしてます。
頑張りましょう~~~犬は日本人ですか??
> 4本のコーンというのは、もしかしてこちらでいうSend Awayのことかな。
> ともかくまっすぐ走らせて、指示された場所でダウン(伏せ)させるんだけど、最近の主流は一番先のバックマーカーでダウンさせるのがほとんどかな。(流行があるらしくて)
> こちらでもBクラス以上でこれがありますよー。
> オビディエンスとCDなんていろんな種類があるんですね。
> おたがいがんばりましょう♪
kさん
うわ、オビ3 難しそうですねー。
こちらでは、すべてコースはジャッジが決めるんですよ。
後ろからスチュワードが指示してくれるんです。だから
突然予測してないターンがあったり、指示にも犬にも集中して、って。。なかなか忙しいです。(笑)
私も始めて日が浅いのだけど、少し前はバックマーカーではなく
その手前のボックス(4つのコーン)の中にダウン、とか
バックマーカーなしのまっすぐ走ってダウンとかが主流の時期もあったらしいんです。
今はみんないかにバックマーカーすれすれでダウンさせるかに
こだわってるけど、また流行が変わるかも。です。
うちのBoysは、イギリス生まれ、イギリス育ち、ですが、
英語、日本語OK。コマンドは半分日本語です。(笑)
みやびさんへ♪
私もまだオビデビューしていないので、イマイチはっきりとはわかりませんが、なんでも、先生が言うには、やはりその日の朝、コースが張り出されるのだとか。
それで本番は、ジャッジが後ろから右とか左とか速歩とかかん歩とか常歩の指示を出すみたい。
遠隔もかなりの距離だし。
オビ3で上位だと、ヨーロッパの世界大会の出場権がもらえるそうです。
旅費は自分持ちみたいだけど。
CDはコンパニオンドッグ、家庭犬訓練のことで、トレーニングチャンピオンやその上のグランドトレーニングチャンピオンを取るには、CD2でポイントを稼ぐ人が多いんです。
試験はCDXまであって、30科目。ルンバはこの秋受けます。
オビでもポイントはもらえるので、徐々にCD2からオビに移る計画。
みやびさんのワンはイギリスの子なんですね。
やはり訓練系と牧羊犬では違うんですか?
よく日本でイギリスの牧場からわざわざ輸入する人もいるけど。
> kさん
> うわ、オビ3 難しそうですねー。
> こちらでは、すべてコースはジャッジが決めるんですよ。
> 後ろからスチュワードが指示してくれるんです。だから
> 突然予測してないターンがあったり、指示にも犬にも集中して、って。。なかなか忙しいです。(笑)
> 私も始めて日が浅いのだけど、少し前はバックマーカーではなく
> その手前のボックス(4つのコーン)の中にダウン、とか
> バックマーカーなしのまっすぐ走ってダウンとかが主流の時期もあったらしいんです。
> 今はみんないかにバックマーカーすれすれでダウンさせるかに
> こだわってるけど、また流行が変わるかも。です。
> うちのBoysは、イギリス生まれ、イギリス育ち、ですが、
> 英語、日本語OK。コマンドは半分日本語です。(笑)
ああ、なんだ、日本のオビも似てるんですね。
もっともこちらはコースなんて張り出されないから、
やってる人を見てからリングに入るとか。やっつけ本番とかが
ほとんどですけどね。(張り出されてもみんな見ないかも(笑)
ヨーロッパの大会、イギリス国内ではまーったく興味ないみたいです。
イギリスはCrufts一筋!(笑)ルールとかも違うと思うけど。確か、血統書がないと出られないんじゃないかな。
私がイギリスで好きな点は、KCのブリードレジスターだけでなく、
アクティブレジスター、というのがあって、こちらに登録すると
どんな犬でも(雑種でもレスキューでも)アジリティ、オビディエンス、
フライボール、ワーキングトライアルとか、全部できちゃうんですよ。
イギリスのKCもいろいろと問題があるみたいだけど、これだけは
すごく好きな点です。
ま、特にオビディエンスはぜんぜんお金が絡まない(儲からない)から、
KCからどんどん嫌われてますけどね。(苦笑)
ちなみに、ブリード(こちらではオーストラリア系が主流と聞くけど)と
ワーキングラインのコリーはやっぱ違いますよー。
ワーキングラインの暴れん坊タイプ(やる気満々の子ね。)が
一般的にトップハンドラーが好むタイプみたいです。
みやびさんへ♪
イギリスの方は特にヨーロッパ大会に興味がないのはわかるような気がします。
だって、なんてったって本場ですものね。
でも訓練はドイツあたりも強いのかなー、やっぱり。
あー、ヨーロッパ犬紀行、いつか行きたいです。
うちのルンバはスポーツ系のボーダーで、ディスク名門の血統です。
ガンガン行くタイプで、野性味たっぷり。
でもこういう子を、抑えることが出来た時、最高のパフォーマンスをしてくれる。
抑えるのが大変ですが。
詳しく教えてくれて、ありがとうございます。
次のアップ、楽しみにしてますね~
> ああ、なんだ、日本のオビも似てるんですね。
> もっともこちらはコースなんて張り出されないから、
> やってる人を見てからリングに入るとか。やっつけ本番とかが
> ほとんどですけどね。(張り出されてもみんな見ないかも(笑)
> ヨーロッパの大会、イギリス国内ではまーったく興味ないみたいです。
> イギリスはCrufts一筋!(笑)ルールとかも違うと思うけど。確か、血統書がないと出られないんじゃないかな。
> 私がイギリスで好きな点は、KCのブリードレジスターだけでなく、
> アクティブレジスター、というのがあって、こちらに登録すると
> どんな犬でも(雑種でもレスキューでも)アジリティ、オビディエンス、
> フライボール、ワーキングトライアルとか、全部できちゃうんですよ。
> イギリスのKCもいろいろと問題があるみたいだけど、これだけは
> すごく好きな点です。
> ま、特にオビディエンスはぜんぜんお金が絡まない(儲からない)から、
> KCからどんどん嫌われてますけどね。(苦笑)
> ちなみに、ブリード(こちらではオーストラリア系が主流と聞くけど)と
> ワーキングラインのコリーはやっぱ違いますよー。
> ワーキングラインの暴れん坊タイプ(やる気満々の子ね。)が
> 一般的にトップハンドラーが好むタイプみたいです。
Cruftsの中に、ワールドカップがあるんですよ。
毎回ドイツとかベルギー、オランダなどヨーロッパから、そしてアメリカやカナダも参加してて、
ちょっとしたお祭りみたいな感じです。
1昨年はニュージーランドから初参加があったんですよ。
やはりチームで参加なので、お金を調達するのが大変みたい。
白人ばかりのお祭りですが、いつか日本チームも出てほしいな(出たいな)
とか、思ってます。
kさんもいつかご一緒にいかがですか?v-238
みやびさんへ♪
JKCから行く世界大会とはまた違う団体なのでしょうね、きっと。
くくりはよくわからないけど、とにかく世界の舞台に立ちたいなー。
日本のボーダーで、普通の主婦が頑張ってるのを世界に見せたいです。
しかもディスクじゃなくてオビでボーダーで勝負をかけて。
世界の中のボーダーの位置づけがイマイチよくわからないけど
ニュージーランドではボーダーは羊よりも下で、あくまでもワーキングドッグで
ペットとしての犬は別にいるとか話を聞きました。
かなりおばちゃんになってしまうかもしれないけど、ルンバと飛行機に乗って大会に挑めれば本望かな。
ルンバの次の代ではなく、ルンバと行きたいです。

> Cruftsの中に、ワールドカップがあるんですよ。
> 毎回ドイツとかベルギー、オランダなどヨーロッパから、そしてアメリカやカナダも参加してて、
> ちょっとしたお祭りみたいな感じです。
> 1昨年はニュージーランドから初参加があったんですよ。
> やはりチームで参加なので、お金を調達するのが大変みたい。
> 白人ばかりのお祭りですが、いつか日本チームも出てほしいな(出たいな)
> とか、思ってます。
> kさんもいつかご一緒にいかがですか?v-238




プロフィール

k

Author:k
茨城県霞ヶ浦の湖畔で暮らしてます。メジャーリーガーを夢見る二児の母です。愛犬ライフの記録として、訓練日記、おでかけ日記、日々の出来事を綴っていこうと思います。
ボーダーコリーの素晴らしさを教えてくれたローラも天に召されました。今まで愛したたくさんの犬たちに見守られて生かされている自分。犬たちよ、ありがとう。
ローラ ボーダーコリーB&Wオーストラリア出身15歳と11ヶ月でのんのさんに 命日2012年3月26日
ココア ボーダーred土浦市出身2009/7/15♀
ルンバ ボーダーB&W磐田市出身2010/9/6♀
ケロ ウィペット船橋市出身?保護犬6歳
隣の家からもらったMIXのハナ2005/8/13♀

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR